Entries

第2回French-French-East絶対ネコバスのモデルだよ!

目線もずれてる・・・

それはおいといて、
今回、眼鏡さんにお願いして、同乗試乗しちゃいました、DS!
そればかりか、運転もしちゃいました、DS!

それにしても驚いた・・・
※撮影:Taroさん
Taroさんより、写真使用許可いただきました。
TaroさんのこちらのBlogエントリーでこの辺詳しくのってます。※




もう車じゃないですよ。

浮遊する物体に乗ってる感じ。

シートに座ったときのあの気持ちよさ。
さらにあのハイドロの乗り心地。
シートとマッチして初めて味わえる感覚なんでしょうね。

それにしても戸惑ったのが操作系。
サイドブレーキの解除に始まり、ブレーキ。

でも、ブレーキ、ボタンみたいなやつで、ストロークもほとんどしないのだが、ちゃんと踏んだら踏んだ分だけブレーキが利くので、安心。
戸惑うのは最初だけ。

不思議なのが、体は完全ゆったりリラックスで宙に浮いた感じなんだが、機械に触れる手と足はちゃんとインフォメーションもらえるの。その部分だけ路面と接してる感じ。
その感覚差が気持ち悪い。不思議という意味で。
これが長距離移動になったら同乗者はたまらんね。何の苦もないかも。
私の中で一番イメージに近いのは『となりのトトロ』に出てくる猫バス
今回確信しましたね、猫バスのモデルはこれだ!って。

こういう車を創っちゃうシトロエンて凄いな・・・
マジで。
大興奮でした、オレだけ。^^;みんな。^^

眼鏡@DSさん
このような貴重な機会を与えていただきありがとうございました。
今度、M様ともども、さらに楽しませてくださいまし。

Taroさん
写真ありがとうございます。
さらにまた、違う世界を見れたんじゃないでしょうか?
フランス車って言うより、車って、おもしろいですね。^^
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://avantime.blog2.fc2.com/tb.php/839-04630e72

5件のコメント


それを言うなら

>大興奮でした、オレだけ。^^;

私だって降りるなり腰が抜けて、しゃがみこんじゃいました。
興奮して上着脱いじゃいましたし。

眼鏡@DS様、ありがとうございました。
昨日の経験は一生忘れる事はないでしょう。
  • 2005-12-04 22:22 |
  • Commented by Taroさん |
  • URL |
  • 編集


こちらこそ・・

楽しい会を提供して頂きまして有難うございます。
今度は少し長い距離を試乗して下さい、理解すれば理解するほど面白くなって来る事請け合いです。
操作系は最初だけドリルすれば問題ないでしょうし、初めての運転にしては物凄くうまく操れていらっしゃったので数時間も掛からずDSをものに出来ると思います、当時の車としては非常にイージーな操作系ですしね、ルノーの古い4CVやドーフィンのライティングSWは見ただけでは操作できませんから。
ではでは、mailお待ちしています。

>Taro様
ほんの少しでしたが楽しんで頂けましたでしょうか?楽しんで頂けたようでしたら動かした甲斐があったかな?なんて思っています。
JIJI様が仰るとおりフランス車に限らず車って本当に面白いですね、色々な車を見たり触ったり出来るのは私としても貴重な経験が出来る良い機会でもあります。
1台の車を所有するというのはその国の文化や作られた時代の一部を所有することでもあると思います。
菱形やへへの菌だけじゃなく色々な菌のワクチン投与して分け隔てなく楽しむのが一番です、耐性が出来るか?感染するか?たまたま私はへへ菌に感染したまでですがゆる~く色々発症していますのでどんな車でも楽しく感じてしまいます。


ありがとうございました。

Taroさん
同じでしたか~^^
ホント、ず~っと心に残る体験ですね。^^


眼鏡@DSさん
貴重な体験ありがとうございました。
M様に話したら、非常に悔しがっておりました。^^

年明けあたりにご連絡すると思います。
覚悟してくださいね。^^

おっしゃるとおり、いろいろなものに触れるのはいいことですね。
まぁ、そのおかげでどっぷりとはまってしまう人が出るという意味では危険かも。^^
本人が楽しければそれが一番ですね。^^
  • 2005-12-05 09:10 |
  • Commented by JIJIさん |
  • URL |
  • 編集


拝承です

年明け覚悟します、JIJIさんも覚悟しておいてくださいね


はい!

喜んで覚悟いたします。^^
  • 2005-12-08 08:56 |
  • Commented by JIJIさん |
  • URL |
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


<
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://avantime.blog2.fc2.com/tb.php/839-04630e72

トラックバック

Appendix

PROFILE

  • Author:JIJI左右衛門
  • Life with Avantime』の管理人です。
    アヴァンタイムだけでなくClioラニョッティにまで手を出してしまいました。
    これからどうなっていくのでしょう・・・
  • 携帯電話用URL
    http://blog2.fc2.com/avantime/?m


Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

 

My HomePage

Archives


Link